小動神社 庚申塔

寒川町小動神社庚申塔青面金剛ショケラ
寒川町小動神社庚申塔青面金剛ショケラ

「寒川町史(資料1)」には小動神社庚申塔{天保10年(1839)}の青面金剛が左手で掴んでいる(写真)のは「赤子」だと書いてあります。しかし、「海老名の庚申塔(資料2)」や「広報もりよし(資料3)」によれば、青面金剛が左手で掴んでいるのは上半身裸の成人女人で「ショケラ」と呼ぶようです。

 

寒川町内には三基のショケラ持ち青面金剛庚申塔が確認されています。

茅ヶ崎市下寺尾白峯寺庚申塔青面金剛ショケラ
茅ヶ崎市下寺尾白峯寺庚申塔青面金剛ショケラ

近くでは茅ヶ崎市下寺尾白峯寺の庚申塔{元禄2年(1689)}の青面金剛(写真)もショケラを右手で掴んでいます。小動神社の庚申塔や白峯寺の庚申塔では、彫像が上半身はだかの成人女人か否か判断できません。さりとて、小動神社の像は「赤子」にも見えません。

 

ショケラは災いを成すものであり、その性格は、「赤子」より「三尸」に近い。「ショケラが暴れないように青面金剛が髪の毛を掴んでいる」という説も納得できます。

「赤子」だとしたら、青面金剛が髪の毛を鷲掴みする理由がわかりません。

埼玉県春日部市崇蓮寺木造青面金剛像ショケラ
埼玉県春日部市崇蓮寺木造青面金剛像ショケラ

左の写真は、埼玉県春日部市崇蓮寺(そうれんじ)の木造青面金剛像(もくぞうしょうめんこんごうぞう)が左手に持っているショケラです。

石仏ではわかり難いですが、この木像では女人であることがわかります。

 

[出典]

文化遺産オンライン 春日部市指定文化財

http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/205448/2

小動神社庚申塔の特徴

六所神社の庚申塔
出典「六所神社の庚申塔 http://blogs.yahoo.co.jp/nonki1945/38021680.html」

 

全国の青面金剛像を見ると(白峯寺もそうであるように)多くが六臂で、二臂は少ないです。

六臂でも二臂でも、ショケラ持ちは比較的少ないです。

従って、二臂でショケラ持ちは更に少ないと思われます。

1800年代の庚申塔青面金剛像で二臂でショケラ持ちは、他に、例えば、市川市須和田六所神社の庚申塔青面金剛{文化9年(1812)}(写真)があります。この像との共通点はもう一つ、右手に剣を持っていることです。

 

[出典] 

市川市須和田六所神社の庚申塔

http://blogs.yahoo.co.jp/nonki1945/38021680.html

[参考資料]

資料1:「寒川町史11 別編 美術工芸」 p453

 

資料2:「海老名の庚申塔」 篠崎信 海老名市教育委員会生涯学習課発行 平成8年3月22日 p6

 

資料3:「広報もりよし第303号(昭和58年2月15日)」 p4

http://www.city.kitaakita.akita.jp/kouhou/old_4chou/moriyoshi/files/1983/303.pdf

{秋田県森吉町(もりよしまち)→現北秋田市}